日銀ショック

欧州金融政策

苦痛を感じずにFXでトレードする方法はあるのだろうか。

 

お金を実際に運用しているので、 含み損を受け続けることもあるし、 含み益を持ち続けることもある。

 

人としてお金は重要な物で切っても切れないものなので、 FXでトレードを続けている以上苦痛を感じずに 取引をするという事はほとんど不可能に近いことですね。

 

FXで苦痛を感じずにはトレードはできないので、 お金を取り扱っているという感覚をなるべく捨てる様にして 相場の波に乗っているという感覚でトレードを続けていれば、 苦痛を感じにくいかもしれないですね。

 

FXではインジケーターというものがあり、 自分で作った取引手法ではなく、 有名な権威がいろいろな数学を引っ張ってきて インジケーターを作っているので間違いのない取引ができるようになっています。

 

このインジケーターを信じ切って取引をしていけば、 自分の考えが負けているという考えにはならないので 苦痛を感じずにトレードがしやすくなるかもしれません。

 

移動平均線やオシレーター系のインジケーターなどを使って、 ただひたすらインジケーターから出されるシグナルを信じて取引をしていきましょう。

 

そうすれば、勝ちやすくもなるでしょうし、 負けたとしても損切ラインも明確にできますので、 一定の勝率と勝ち幅を得ることができるでしょう。

 

お金を取り扱っている以上、 苦痛を感じずにトレードをすることはものすごく難しいことですので、 しっかりと勉強してからFXに挑んでいきましょう。