VIO脱毛の新しいニーズ「妊活脱毛」

出典:イラストAC

宮崎市に住む奈子です。

最近、妊活脱毛というのが流行っているようです。

妊活脱毛は、妊娠の時にデリケートゾーンを見られることになるのですが、ムダ毛が生えた状態を見られるのが恥ずかしいから妊娠前にVIO脱毛をしておこうというものです。

結婚した新婚や二人目が欲しい女性などには人気があるんだそうです。

また、「いつかは妊娠するからその前に処理しておこう」という理由で若い女性がアンダーヘアの脱毛を始めるというのも増えてきているんだそうです。

出産に備えて妊活脱毛をするのは世の女性はどう思っているのか

妊活脱毛に関しての女性の意見はかなり賛成派が多かったようです。

妊活脱毛のメリットは、普段のナプキンなどによりムレやかゆみ、臭いなどの悩みから解放されるだけではないようです。

出産後の出血をおさえるためにもナプキンを長時間使用することになるので、その際の雑菌の繁殖を防ぐことができるようになります。ムダ毛ないことで通気性が良くなり、ナプキンをしていてもムレにくくなるということです。

妊娠すると肌がデリケートになってしまうので、光脱毛のライトが肌を刺激してしまい、肌荒れなどの肌トラブルになってしまうことがあり、施術を受けることができなくなります。

また、ホルモンバランスが変化してしまうので、脱毛効果が十分に得られない可能性もあります。

デリケートゾーンはその名の通り非常に繊細な部位です。炎症を起こしやすいので、妊娠中の脱毛はどの脱毛サロンでも受けてくれないのです。

脱毛サロン契約中に妊娠がわかったら・・・?

脱毛サロン契約後に妊娠がわかった場合は、脱毛を中断する必要があります。

出産が終わるまでは脱毛から離れることになりますが、出産後、2回以上生理が戻ってきた時点から脱毛を再開させることができます。

もし順調に生理が戻ってくれば授乳中であっても施術を受けることは可能です。

ただし、乳輪まわりや胸まわり、両わきの3カ所に関しては授乳を終えてからの脱毛再開となりますので、注意しましょう。